Tsumugu Oyama 21 秋(LIVE出演者紹介)

公開日:2021-10-06

10月17日(日)開催のマルシェ「Tsumugu Oyama~豊門公園マーケット~」のライブパフォーマンス出演者を紹介をします!
 

出演者紹介

Toru Guitar School(SanaSaku 、ハンナ、Ukulele 156 & Toru Guitar School)

フォーク、ウクレレ
御殿場と東京渋谷でギタースクールを運営している「Toru Guitar School」による演奏。前回も出演した「SanaSaku」に加え今回初ライブとなる「ハンナ」、ウクレレ演奏の「Ukulele 156 & Toru Guitar School」がライブを披露してくれる。

 
小田原ディジュミー

世界の民族楽器
オーストラリアの先住民族アボリジニが儀式や医療として今もなお使用し、また世界最古の木製の管楽器と言われている「ディジュリドゥ」を中心に、その他世界の民族楽器とコラボ演奏を行い、独自の音楽性を追求しています。
地元小田原でディジュリドゥをみんなで吹きたいと願い2003年に発足し現在に至っています。
小田原を始めとし県内各地におけるワールドフェスタやお祭り、各イベント等に演奏参加。また福祉施設での慰問演奏、小学校や保育園等での課外授業やバサーにて活動しています。
毎月第1土曜日の午後1時から夕方まで小田原城内堀にある馬出し門でミーティングを行っています。自由参加なので、いつでも誰でも手ぶらで遊びに来て下さい。

 
岩田翔

フォーク
沼津を拠点に活動しているシンガーソングライター。日々の生活をうたう。

 
THE BLUE PORTRAIT IN THE CLOUD

jazz
2017年、THE BLUE PORTRAIT IN THE CLOUD は、ベーシストの園田大輔(MISUNDERSTAND)、ドラマー宮澤正樹(EVILS OF WAR)ら2人の呼び掛けにより、当時フリーで活動していたピアニストである柳田邦一郎を迎え、静岡県東部地域を中心に活動を開始する。ピアニスト柳田邦一郎によるオーセンティックなジャズの枠に囚われない旋律をスパイスに、リズム隊である園田、宮澤らが長らく主戦場としていたロック、ハードコア、メタル等のエクストリーム・ミュージックの作法と、ジャズ、フュージョン、ファンク、ヒップホップ、ワールド等の要素を自由に撹拌し、インプロヴィゼーションをも織り交ぜ、硬質でいて時に柔らかく、ヘヴィかつドライ、リッチかと思えばトラッシーと言った変幻自在なサウンドメイクを提示していく。音楽の伝統を引き継ぐような物も類としては重要であるが、偉大なる先行者が踏み固めたラッセルを無碍に行くのではなく、ただひたすらに開拓されたルートを単に行くという事を拒み、今も新たな音楽的語彙を蓄えていき、伝統派由来とは少々違ったアプローチへの往来を実践している。近年は同郷で活動中のラッパー Y.A.Sともパーマネントに活動し、二足の草鞋ならぬ二足の登山靴で両ルートから様々な登攀技術を用い、アルパイン・スタイルで前人未踏を行く。

 
ま・りんば ちひろ

marimba performer
音楽で全てをhappyにしたい!私が、その空間を造り出したい!自由奔放、クラシック上がりの邪道のマリンバ奏者。更にhappyを届ける為、自粛中にヨガインストラクター取得。Live中にヨガタイムあるかも!?

 
カウチポテト

ポップス
「仕事のち音楽、ときどき執筆」のペースで、お寺からホームパーティまでどんな所でも癒し癒されポップス!会話するように歌おうと心がけています。 2021年11月には4枚目のアルバムをリリース予定。

 
野田哲夫

いい感じのやつ
普段はオリジナルロックバンドのギター&ボーカル。独りの時は洋の東西を問わず古くさい歌ばかり歌います。

 
芹沢多希子&Sachi

アラブ音楽とベリーダンス
アラブ地域では楽器の女王と呼ばれる「ウード」。ドとレの間に9個音があり独特の旋律を奏でるアラブ音楽をベリーダンスと共にお楽しみください。

 

マルシェ詳細やShop出店者情報

多様なジャンルの音楽でイベントに華を添えるアーティスト達を是非お楽しみください!マルシェの出店者に関する情報はこちらからご覧になれます!

イベントの基本的な情報や注意事項はこちらから確認できますのでご覧ください。

 

SNSでシェアしよう!